いかにしてエイドリアン・ベッカムはトレーニングマスクを運動に取り入れ、優れた武道家になったか?【動画によるレビュー】

この記事で、香港出身の武道家エイドリアンは、トレーニングマスクを着用した体験を紹介しています。

彼は個人トレーナーにして男性モデル、ボストン大学詠春拳の武道教授も務めています。

クロスカントリー出身のエイドリアンは、武道家としての道を歩みました。

トレーニングマスクに対するエイドリアンの考え方は非常にユニークです。

彼の主張を聞いてみましょう。

「2年経った今、トレーニングマスクにして良かったと本当に思います」

 

エイドリアンは2年以上もの間、常にトレーニングマスクを使ってきました。

トレーニングマスクを使った彼の体験は、有酸素運動や体力の向上に役立ち呼吸をコントロールできるようになるという、この運動器具の目的と完全にマッチしています。

「私の戦闘スタイルは有酸素的な動きが多いため酸素使用量は実際に増えますが、そのおかげでアスリートとして早いスピードや自在な動きが可能となるのです」

 

戦闘とは縁遠いあなたでも、武道が最も激しいスポーツの一つであることが分かるでしょう。

激しい動きに爆発的な蹴り、しっかりとした体幹が絶えず求められます。

通常、試合時間は長く、最高のコンディションが要求される、全体として体力が必要なスポーツなのです。

試合中は、飛んで相手の様子をうかがい、戦略を適応させないといけません。

息を整えるのにいちいち苦労したくはないでしょう。

もしそのような状況に置かれたら、十分力を発揮できず、いかに優れたテクニックを持っていても役に立ちません。

特に総合格闘技やボクシングといった競技のプロ格闘家の多くが、トレーニングにトレーニングマスクを使っているのを目にするのは、そのためです。

彼らは、だてにトレーニングマスクを身に付けているわけではありません。

リングの上で自身の呼吸を意のままにできるよう、そうするのです。

「トレーニングマスクは、有酸素トレーニングにも無酸素トレーニングにも有効です」

 

エイドリアンは万能選手で、クロスカントリーランナーとして試合に出場するとともに、現在、個人トレーナー兼武道指導者としても多忙な日々を送っています。

その経歴ゆえ、長時間に及ぶスローランニングから短時間のはるかに激しい運動に至るまで、彼のトレーニング経験はさまざまです。

どんなスポーツに携わっていようと、その経験年数にかかわらず、エイドリアンはトレーニングマスクの有効性は変わらないと考えています。

その調整可能なバルブシステムのおかげで、このトレーニング器具は万人が利用できる多目的ツールたりえるのです。

「トレーニングマスクのおかげで、あまり時間を取られずトレーニングに励めます」

 

普通の人の場合、必ずしもトレーニングに多くの時間を割く必要はありません。

全ての筋肉に血液を送るほどでもない経験豊富な訓練を積んだ人なら、たった30分で全て収まる日もあるでしょう。

ベテランランナーで、走ることにほとんど時間を取れない人の場合、トレーニングマスクのおかげで必ず負荷の高い効率的なトレーニングが可能になります。

他のどんな運動でも大体は同じです。

全てにおいて大変な努力が必要になりますが、効果は初めから出ます。

トレーニングのまさに最初から心拍数は上がり、肺の動きもすぐ活発になるでしょう。

何はともあれ、私たちはエイドリアンの動画を推奨し、彼のトレーニングマスク3.0のレビューを見るのを楽しみにしています。

下のフル動画をぜひご覧ください。

PAGE TOP