クリス・カントゥ、割れた腹筋を手に入れるためトレーニングマスクを使う

クリス・カントゥは、100万人の男たちが心身両面において新しく生まれ変わる手助けをするのを使命とする、重量挙げの選手です。

クリスは好んで自分自身のことを「気高き戦士」と呼び、さらに言えば、彼のブランドイメージ全体と人生観は、映画『マトリックス』から引用した有名な台詞、「私が見せるのはすべて真実、それだけだ」が基になっています。

彼はアクティブなユーチューバーであり、この動画で、トレーニングマスクを使った自身の経験や、体力目標を達成するに当たりそれがいかに役立ったかを語っています。

では、早速彼の言葉に耳を傾けてみましょう。

「トレーニングマスクは、私のトレーニングを途方もないレベルに引き上げてくれます」

 

クリスのトレーニングの大半は、デッドリフト(=下背部・臀部・脚部を鍛える代表的なウエイトトレーニングの種目)やスクワット、カール、ベンチプレスなどのウエイトリフティングを基本とするものです。

重量挙げの選手は一般に体を強く大きくすることに関心があり、肺や横隔膜を鍛えることに重点を置く者はほとんどいません。トレーニングマスクが実際、ATP産生に大きな影響を及ぼす酸素供給の効率化によって、同時に筋肉を作るのに役立つとしてもです。

「トレーニング量は相当で、汗も半端なくかきますが、そのおかげでどんなトレーニングをしていようと、それに集中できるのです」

 

どんなトレーニングマスクの新米ユーザーでも彼らが初めに気付くことの一つで、クリスも気付いていたことは、トレーニングマスクを使うと、最初から運動がはるかに激しいものになるということです。

実際、クリスはトレーニングマスクを使っている間に、自分がいかに大量の汗をかいているかを語っています。

重量挙げ選手の場合、ほぼ同じ重量を用いて次のセットに入れるよう筋肉を十分休めるため、トレーニングは、間に比較的長い休憩を挟む、かなり短く負荷のかかるセットで構成されています。

しかし、こうした通常のトレーニングをこなしても、ほとんど汗はかきません。

クリスがトレーニングマスクを着けたトレーニングを体験し始めると、これが一変しました。

彼のレビューの良いところは、トレーニングマスクのおかげで彼がどんな運動をしていようと、いかにそれに集中できているかを語っている点です。

これは非常に重要なことで、負荷のかかるトレーニングを行う際、筋肉を収縮させ他の何かについて考えることに意識を集中しないよう、精神と肉体の関係を強化したいボディービルの場合、特にそれが言えます。

「トレーニングマスクのおかげで、割れた腹筋を手に入れるという今年の目標もすでに達成済みです」

 

トレーニングの負荷がはるかに上がることで、ジムで燃焼するカロリーの量は飛躍的に増大します。

そして、トレーニングが十分激しく、呼吸が正常に戻りにくいところまでくれば、トレーニングを終えた後もカロリーの燃焼は続くでしょう。

それは、体が酸素負債状態に陥り、酸素レベルを補うため引き続き活性化する必要があることに起因しています。

こうした効果のおかげで、クリス・カントゥは割れた腹筋を手に入れるという自身の目標を達成できたのです。

「トレーニングマスクの購入をぜひお勧めします。トレーニングを活性化させたい向きには、うってつけのツールです」

 

ですから、あなたが重量挙げの選手やボディービルダーで、何か違うことを試してみたければ、トレーニングマスクを使ってみてください。

そうすれば、トレーニングの負荷が増し、(たとえそのことに抵抗があるとしても)汗をかきやすくなり、体の脂肪や水分量をもっと減らすこともできます。

必要なのは、クリス同様十分な程度に試してみることだけです。

この動画をずっと見ていれば、彼がトレーニングの大半トレーニングマスクを使っていると言っていることに、あなたは気付くかもしれません。

次に掲げるフル動画をご覧ください。

PAGE TOP