トレーニングマスクを使って呼吸訓練を強化する

トレーニングマスクを使って呼吸訓練を強化する

呼吸訓練を改善したいがやり方が分からない、そうした方にぴったりの話をこれからしましょう。

この記事で、私たちは呼吸訓練がどういったものなのか説明し、そのもっとも重要なメリットの一部を取り上げ、呼吸訓練のルールを文字通り変えるトレーニングマスクという画期的なツールを最後に紹介するつもりです。

呼吸訓練とは?

呼吸筋を鍛えると、他のいかなる骨格筋とも全く同じように反応するのをご存知でしたか?

不思議に思えるかもしれませんが、一体どうすれば呼吸筋を鍛えられるのでしょう?

肺を鍛えるにはどうすれば?

前回確かめたときは、こうした筋肉を対象に作られたマシーンはありませんでした。

簡単に言えば、呼吸訓練にはある種の抵抗の下で行う呼吸が含まれます。

筋力トレーニングが体を大きく強くすることで骨格筋を変化させるように、抵抗呼吸は肺を強くし、その機能を高めます。

呼吸訓練のメリット

パフォーマンスを向上させる

呼吸訓練の最も有利な点は、あなたがジムに足繁く通おうと、マラソンを専門にしていようと、身体活動のパフォーマンスを向上させることでしょう。

それは、呼吸器系を強くし、その機能を高めることで達成できます。

つまり、呼吸にあまりエネルギーを使わないため、エネルギーを蓄えたり行っている身体活動に集中したりできるということです。

ご存じのように、呼吸筋は、やっているスポーツに関わらず、運動パフォーマンスや持久力を抑える場合があります。

ですから、体の要求に応えられるところまで呼吸筋を鍛えれば、全体のパフォーマンスは向上するのです。

骨格筋に利用できる新たなエネルギー

息を吸ったり吐いたりするのに使う筋肉は12組あります

これらの筋肉には、激しい運動をしている際に使うエネルギー全体の最大15%が必要です。

体力をつけるため呼吸筋を鍛えれば、呼吸筋はあまりエネルギーを必要としなくなります。

その結果、より多くのエネルギーが、それを必要とする腕や脚、その他の骨格筋に流れるのです。

息切れ感を最小限に抑える

走るのが習慣になっている人は、ゴールが近づいた時に感じる息切れ感をよくご存じでしょう。

あの不快感は、呼吸器系が発達していれば可能な、高いレベルでのパフォーマンス能力を制限します。

多くのアスリートにとって、これは阻害因子なのです。

脚筋の持久性はそれとは違います。

もはや阻害因子とはならないところまで肺を鍛えることで、全体のパフォーマンスは向上するはずです。

運動能力を高めるためトレーニングマスクを利用する

呼吸器系を鍛えることは以前ほど容易ではありません。

初心者かプロかを問わず、自身の健康目標のためにトレーニングマスクを使うことで、コンディションを次の段階に進めることができます。

トレーニングマスクの良いところは、持久力を高められる点です

このマスクはバルブシステムを使い、肺へ流れる空気量を調節してくれます。

最終的には、バルブを調整することで深呼吸できるようになります。

この抵抗により呼吸器系が鍛えられるのです。

空気の流れが制限されると、肺は活発に活動しようとしてストレスを感じますが、時と共に、この種の筋力トレーニングに慣れ、有効酸素をより効率的に使い出します。

その結果、肺活量は増大するはずです。

これは、さまざまなスポーツのパフォーマンスを向上させることが科学的に証明されています。

トレーニングマスクにはさまざまな設定があり、それによってトレーニングをカスタマイズしたり、トレーニングで使いたい抵抗レベルを簡単に設定したりできます。

肺の効率性を高める以外にも、トレーニングマスクの使用により、呼吸を調整し深めることで、より良い呼吸法が身に付きます

呼吸制限ツールを使っていないときに、このことを意識する人はいません。

つまり、トレーニングマスクを使うことで、意識せずに呼吸法を改善することができるのです。

高強度運動の最中にいると、いかに呼吸が速くなるかご存知でしたか?

小刻みに速い呼吸をしているとき、空気の反転は最小限です。

しかしながら、深い呼吸は、かなり良い空気の反転とより多くの酸素を体にもたらします。トレーニングマスクのおかげで、高強度運動を行っている間、深く呼吸することに集中できるのです。

従って、もしあなたが呼吸容量を増やすことで持久力やコンディションを高めると心に誓っているなら、トレーニングマスクを使うのが、それを実現する最善の方法かもしれません。

日々の運動に呼吸訓練を取り入れ、自分の身体が新たな刺激にどう反応するかその目で確かめましょう。

まずは短時間の強度を抑えた呼吸訓練から始め、その後肺がその負荷に慣れるにつれ、強度を少し上げていってください。

PAGE TOP