科学に裏付けられたトレーニングマスクの3つの効果

この記事で、我々は日々のトレーニングにおいて、トレーニングマスクを使用する3つの効果についてその概略を示そうと思います。

体が思うように速く強く呼吸できないストレスに対応する能力は、持久力の向上に役立つことが証明されていますが、この後示すように、他にも重要な効果があります。

1 体幹を作り上げる

 

体幹を強化することは、運動能力全般にとって重要です。

バーベルスクワットを例にとってみましょう。

使う重量が重ければ重いほど、体が上下する際体幹をしっかり保ち、持ち上げる重量を安定させるには、それだけコアマッスルにパワーが必要となります。

体幹を作り上げることは、トレーニングマスクを利用して得られる副産物ですが、多くの人がこのことに気付いていません。

そこに思いが至れば、体幹をしっかり保つことは、ほとんど横隔膜や呼吸筋の強さによって決まると言えるでしょう。

そうなのです。体幹の安定性は、体重や筋トレを利用することで直接鍛えられる腹筋や肋間筋に頼るところも大きいのです。

しかし、真の体幹の安定は横隔膜を鍛えることから始まり、トレーニングマスクを使うことが横隔膜の力を強化する最良の方法だと言えます。

スクワットの例に戻ると、背中に重いバーベルを載せてスクワットする際、息を止めるのでは?

息を止めることで実際にしているのは、肺内部に空気をより多くためることで高い胸腔内圧を発生させることです。

肺の換気能力が高まれば、空気を多くためられます。

その結果、胸腔内圧が一層高まり、体幹の安定性が増すというわけです。

これらすべてを強い腹筋と結び付けましょう。そうすれば、さまざまなトレーニングを支えるための総合的な素晴らしい体幹が身に付きます。

2 脂肪減少を促進する

 

トレーニングマスクは素晴らしい器具ですが、それは燃焼後効果やEPOC(運動後過剰酸素摂取)を引き起こすからです。

燃焼後効果とは、トレーニングを終えた後も体がカロリーを燃やし続けることを意味します。

トレーニング中、体には通常以上に酸素が必要です。

トレーニングの強度が高ければ高いほど、その分燃焼後の効果は長く続くことになります。

こうした現象が起こるのは、トレーニングの際、体が必要な量の酸素を取り込むことができないからです。

そのため、体が酸素の欠乏を補うため必要な酸素をすべて消費するには、時間がかかるのです。

トレーニング後、高強度運動で蓄積した酸素欠乏量のすべてを補っている間、体は「酸素負債」状態を経験することになります。

脂肪減少効果を促進する役割の重要性を考えると、トレーニングマスクを中強度から高強度に至るさまざまな運動に取り入れることは有益です。

すでにお気づきかもしれませんが、アナエロビック運動はEPOC(運動後過剰酸素摂取)を促進し、その結果、トレーニング後のカロリー消費も増大します。

さらなる効果も期待できます。トレーニング経験を多く積めば積むほど、それだけ長くEPOC(運動後過剰酸素摂取)の「時間帯」が続くのです。

つまり、トレーニングマスクの使用頻度が増すにつれ、トレーニング後の脂肪燃焼時間帯が長く続くというわけです。

3 呼吸の持久力を高める

 

トレーニングマスクを利用する最大のメリットは、呼吸の持久力を高めることでしょう。

呼吸筋を鍛えるのに、トレーニングマスクに勝る方法は事実上ありません。

トレーニングマスクを使うことによって得られるのと同じ成果を挙げられるフィットネス用品など、どこにも見当たりません。

呼吸への抵抗をますます増やすことで、肺は強化され、体全体が酸素をより効率的に使えるようになります。

どのアスリートにとっても、酸素こそが一番の味方なのです。

それは、酸素がさまざまな形で身体活動を支えているからです。

酸素には、エネルギーを生み出し、pH値を維持するという素晴らしい役割があります。

また、酸素のおかげで、筋肉の出力や体全体の運動能力を損なう過剰な乳酸を取り除けます。

筋肉全体への確かな酸素供給は、マラソンやクロスフィット、ハイペースな山歩きをいかに力強く長く続けられるかに重要な役割を果たすでしょう。

トレーニングマスクを賢く使えば、運動能力が向上し、体幹の安定性が強化され、脂肪減少が速まるはずです。

こうしたメリットの一つ一つが研究によって証明されており、事例証拠と科学に基づく証拠の両方がそれを裏付けているのです。

PAGE TOP