アイアンエッジがトレーニングマスク2.0を試す【動画によるレビュー】

アイアンエッジは、オーストラリアで最も評判の高い筋力トレーニング器具ブランドの一つです。

小手先のやり方に捕らわれず、流行に流されない本格的なトレーニングを推奨することで、他を一歩リードしています。

筋力トレーニング用品を取り扱い早12年、販売促進する自社製品には非常にうるさい企業です。

トレーニングマスクのことにかけては、アイアンエッジは一家言持っています。

「この悪魔的で小さなトレーニング器具は、フィットネスや体の調整という面で、最もないがしろにされていた部分を鍛えるために開発されました ー それは『 呼吸』です」

 

呼吸容量は、それがどんな運動であれ、取り組んでいる際にそれがいかにうまく行われるかをかなり決定づけます。長時間、激しい運動をしているときは特にそうです。

しかし、プロのアスリートを含め、自身の呼吸器系を改善することに重点を置く人はほとんどいません。

体が酸素を摂取し、使う能力は、エネルギー生産や疲労管理の最大の要因の一つなので、肺や横隔膜、肋間筋の機能向上に取り組んでいないと、万全の態勢で運動をこなすことはできないでしょう。

「発想はシンプルです。体に入って来る空気の流れを遮ることで、横隔膜や肋間筋を使ってかなり呼吸をしやすくするのです」

主に筋力トレーニングを促進する企業であるアイアンエッジは、即座にトレーニングマスクを一種のウエイトトレーニングと結びつけましたが、それは呼吸器系全体を考えてのことでした。

周知の通り、刺激に合わせて重いものを持ち上げると、骨格筋はすべて強くなります。

それこそまさにトレーニングマスクが(骨格筋同様)呼吸筋に役立つ点なのです。

呼吸に抵抗を加えれば加えるほど、呼吸筋は強くなります。

交換可能な6種類の空気抵抗キャップを使い、あの斬新な過負荷タイプの呼吸トレーニングをシミュレーションできるのです。

「トレーニングプログラムをやり抜こうとすると、まるで巨大な手で首を絞めつけられているような感覚に陥ります。しかし、マスクを引きはがしたい初期の衝動を抑えられれば、後は順調にトレーニングが進みます」

 

トレーニングマスクを着けてみて、誰もが最初に体験するのが恐らくこういう感覚でしょう。

トレーニングの際には、最も負荷の少ない空気抵抗設定から始め、徐々に負荷を上げていくことを強くお勧めします。

実際、最初運動を全くしていないときは、トレーニングマスクを着けるのは簡単です。

マスクを通して呼吸し、その感触を確かめ、慣れましょう。そして、マスクに慣れてきたら、ストレッチやウォーキング、軽めのジョギングなど、負荷の少ない運動から始めてください。

簡単なことから始め、少しずつ負荷を上げていきましょう。

度を超してあまり急いでトレーニングに励むと、負担を感じ、長続きしないかもしれません。

「集中しすぎると、実際行き詰まることになります。トレーニングマスクによって呼吸の効率化に重点的に取り組めるのは確かなのですが、トレーニングに際し、そうした点を誰もが見落としがちなのです」

 

最後に、アイアンエッジの関係者は、トレーニングマスクをしばらく使用し、着用に慣れた人の大半が言うことを口にしました―肉体面にとどまらず、精神面にもこのマスクは効果を発揮します。

正しい心構えと集中力さえあればいい、という励ましの言葉をよく耳にするのは、ご存知でしょう?

同じことがトレーニングに関しても言えると、我々は強く信じています。

やはり、心が体をコントロールするということでしょう。

もっと集中力を持って、やる気を出し、身のこなしや呼吸などのトレーニングに専念できるようになれば、あなたが良いアスリートになることは間違いありません。

PAGE TOP