NFL(全米プロフットボールリーグ)の人気選手は呼吸筋を鍛えるため、どのようにトレーニングマスクを利用しているか?

NFLのお気に入り選手がトレーニングマスクを着けて練習したり、試合前にグラウンドでアップする際、トレーニングマスクを着けたりしている姿を目にしたことがあるかもしれません。

NFLの人気選手は、どんなにつらかろうと、トレーニングの際何マイルも走らされることで有名です。

今回は、彼らがいかにしてパフォーマンスを最高の状態に保っているかという話題です。

一流のフットボール選手になるための重要な要件として、パワー、スタミナ、持久力、総合的な調整能力があります。

選手の中には体重が200kgを超え、5秒間に50m走れる者もいます。

これだけの運動能力を保持するには、並外れた爆発力とケアの行き届いた素晴らしい肉体が必要です。

平均的な試合を通して、これらの選手は試合の始めから終わりまで、終始場合に応じてダッシュとストップを繰り返します。

その際、選手はすべてこの爆発的パワーを使うのです。

それには、並外れた持久力と共に素晴らしいスタミナが必要です。

優れたフットボール選手には、その土台として、並外れた呼吸器系の強さに裏打ちされた強い体幹があります。

今日、プロ・アマを問わず、トレーニングを支え、より良い体格を作るツールとして、トレーニングマスクを使用するフットボール選手が増えていますが、そこにははっきりとした理由があります。

そう、効果抜群なのです!

嘘じゃありません。トレーニングマスクの見かけは「クール」ですが、トレーニング中は全く「クール」などとは感じられません。

空気抵抗スプリントトレーニング

フットボールのトレーニングの際、スプリントや非常に激しい運動に特化したトレーニングをよく目にします。

以下に説明するこの種のトレーニングの目的は、呼吸筋を鍛え、心臓血管容量を増やすことにあります。

空気抵抗を軽くすることで、横隔膜はもちろん肺を強化し、効率よく呼吸ができるようになるのです。

これを、筋力トレーニングもしくは他の特別な種類のトレーニングの前後に、週3~4回行います。

ウォームアップ

・ 800m~1200mの軽いジョギング

・ 10分~15分のストレッチとスクワットや懸垂、腕立て伏せといった軽いボディウェイト・エクササイズ

トレーニング

第1段階

・ スリーポイント姿勢からの10mの猛ダッシュを3セット。セット間の休憩時間は1分程度に(トレーニングマスクは着けない)。

・ スリーポイント姿勢からの10mの猛ダッシュを10セット。セット間の休憩時間は30秒程度に(トレーニングマスクは着ける)。6x~9xの空気抵抗設定を利用する。

・ 最初の1分間マスクを着けたまま最大3分まで休憩し、その後2分間マスクを外す。

第2段階

・ スリーポイント姿勢からの20mの猛ダッシュを3セット。セット間の休憩時間は1分程度に(トレーニングマスクは着けない)。

・ スリーポイント姿勢からの20mの猛ダッシュを10セット。セット間の休憩時間は30秒程度に(トレーニングマスクは着ける)。3x~6xの空気抵抗設定を利用する。

・ 最初の1分間マスクを着けたまま最大3分まで休憩し、その後2分間マスクを外す。

第3段階

・ ツーポイント姿勢からの60mの猛ダッシュを3セット。セット間の休憩時間は3分程度に(トレーニングマスクは着けない)。

・ ツーポイント姿勢からの60mの猛ダッシュを10セット。セット間の休憩時間は30秒程度に(トレーニングマスクは着ける)。3x~6xの空気抵抗設定を利用する。

・ 最初の1分間マスクを着けたまま最大3分まで休憩し、その後2分間マスクを外す。

ダッシュの距離がもっと長ければ、肉体的にはきついでしょう。そうなると、あなたは本能的に走るのをやめ、トレーニングマスクを外さないといけなくなるかもしれません。

そこを乗り切りトレーニングをやりきれば、呼吸と「つながり」が持て、呼吸法に目覚め、穏やかな呼吸ができるようになるでしょう。

こうした手順を踏んでいけば、持久力やスタミナがつくという大きな成果が得られ、それが来シーズンに向けた自信につながることは間違いありません。

PAGE TOP