呼吸へ負荷をかけたトレーニングがどんな効果をもたらすのか?

持久力を強化し循環系を鍛えるために、時間をかける必要はなく単調で退屈な日々のトレーニングも必要ありません。

フィットネスの世界ではあまり人気はありませんが、持久力のトレーニング効果を向上させる様々な「秘密の」テクニックがあります。

持久力トレーニングを効率的に行うためのヒントを探し求めているあなたにその秘訣を紹介しましょう。

呼吸抵抗トレーニング入門

呼吸を制約されることは、肺にとってウエイトリフティングをさせられるようなものです。

そうした状況下では、空気や酸素はあまり取り込めません。

すると、体は使える酸素分子が不足しているというシグナルを捉え、それに反応します。

一般に呼吸、特に酸素は、体内のエネルギー生成や疲労管理に最も役立つものの一つです。

そのため呼吸に特別の注意を払うのは当然と言えます。

呼吸トレーニングの道具としてトレーニングマスクを使用していれば、肺換気能の向上により持久力が身に付きます。

ひとたび吸息筋や呼息筋が強化されると、基本的に肺の大きさは増大するのです。

しかし、また、呼吸抵抗トレーニングによる他の効果も数多くあります。

1. まず第一に、体は、全身に酸素を運んだり酸素を使ったりするときの方が、はるかに効率的に機能します。

酸素量が少なければ、合理的に使おうとするでしょう?

2. トレーニングマスクには、カロリー消費を飛躍的に増やし、燃焼後の運動を強化するという別の使用効果があります。

これにより、脂肪燃焼が長時間続くのです。

インスリン値を下げ、ヒト成長ホルモンを増やすことで、それが実現します。

3. 呼吸訓練に制限が加わると、体内の抗酸化物質の生成が促進されます。

これがヒト成長ホルモンの増加量と結びつくことで、老化防止効果が得られるのです。

つまり、呼吸を制限することで、減圧トレーニングや筋力トレーニングによる効果の恩恵を受けられるというわけです。

心身ともに有効

高地トレーニングだけが減圧トレーニングではありません。

トレーニングマスクを使うことで、呼吸抵抗への対処の仕方が実際に分かるようになります。

好きな量だけ呼吸できないと、体が自然にそうした状態に慣れるのです。これは物理的なプロセスと言えます。

なぜなら、横隔膜や肺、肋間筋でさえもが鍛えられるからです。

呼吸抵抗は、横隔膜や肺を鍛えるためにできる最適な運動です。

横隔膜が強いと、筋肉の収縮効率が上がり、息を吸うときに肺が空気を満たす空間が増えます。

しかし、トレーニングマスクを使うことはまた、精神的プロセスでもあります。

なぜなら、それに対応し、呼吸やペーシング、練習を調整する方法が身につくからです。

トレーニングマスクを着用することで、すべてのアスリートの耐久訓練の中でおそらく最も顧みられない部分となる、呼吸法に集中することができるでしょう。

呼吸法を解決することで他のトレーニングへの適応が進むより早く技能の向上が見込めます。

トレーニングマスクの使い方

最初トレーニングマスクは不快に感じられ、息苦しい感覚に襲われるでしょうが装着直後のはがしたい感情を抑えられれば、実際はすぐに慣れます。

初心者の場合、必ず最も弱い空気抵抗から始めてください。

時間をかけて、使用感なり効果を知るようにしましょう。肝心なのは、呼吸やトレーニングを制御できている間は、より低い空気抵抗からより高い空気抵抗へと負荷を上げていくことです。

積極的に持久力を高め、より困難な空気抵抗に対する耐性を獲得するのです。

運動するのをつらく感じたり、空気抵抗を低く設定できなかったりする場合、最初はためらわずに時々トレーニングマスクを外しましょう。

つまり、持久力と同時に呼吸の効率を上げることで体全体のコンディションを改善するのが主な目的なら、トレーニングマスクに勝る方法はありません。

どんなスポーツをやっていようと、どのようにトレーニングプログラムが設計されていようと、トレーニングマスクは、いかなる日々の運動にも容易に取り入れることができるのです。

PAGE TOP